« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月26日 (水)

紅葉と雪と。

1110262 巷では、秋とは思えないくらいの暑さだった、とニュースで報じられていました。今朝の中尾からの眺めは、標高二千メートルくらいの所まで、雪が降っていました。

1110264 今年の紅葉は今ひとつだ、なんてよく耳にしますが、なかなかどうして。色づきが良いもみじがあちらこちらに見えます。

1110261 昨年までは、杉林に視界を遮られ、向山の紅葉を見る事が全く出来ませんでした。しかし今年は、中尾のみなさんによる間伐作業のお陰で、ようやく見えるようになって来ました。嬉しいですね。

1110263 嬉しいと言えば、K太。四葉のクローバーを見つけました。

パパ:「好きな子にやって来い。」

K太:「わかったー。」

果たして、どうなったやら。

| | コメント (2)

2011年10月19日 (水)

中尾の紅葉

先日、子供達と神社までお散歩に行って来ました。

1110161 神社でおやつを食べて、遊歩道をぐるっと歩いてきました。

1110162 今年は例年と比べると、色付きが少し早めです。

1110163 飛騨地方の団栗や栗は豊作らしく、たくさん落ちていました。

1110164 何にしろ、体力が有り余っている子供達でした。

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

中尾の例祭

今年は村周りや行列を自粛して、祭りをしました。

kottinパパの役割りは神楽でしたが、町内会の役の方へ移動する事になりました。

神事に直接係わる仕事で、kottin達お稚児さんに神饌物を乗せた三方を手渡しします。

111021 さて当日はよく晴れましたが、よく冷えました。身体の細いkottinにとっては、寒さが身にしみます。神社に入って長い時間じっと正座して待たなければなりません。

そろそろお稚児さんの出番が近づいてきた頃、ふと気付くと、近所のおじちゃんに抱きかかえられて神社を出て行くkottin・・・(・_・)エッ....?

チラッと見えた横顔は泣きが入っている・・・( ̄○ ̄;)!

近くのおじさん達は“どうせ脚がしびれたんやろー”と推測していましたが、パパにはわかりました。あれは、おしっこだ・・・m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

そんな事があったり、本当に脚がしびれてずっこけたおじさんがいたり、何かと苦笑いの絶えない神事でございました。

111022 K太の役どころは“ねじ棒”。園児が正式メンバーとして演じるのは始めてです。この役どころは見る側としてはとてもコミカルなのですが、演じる本人にとってはとてもきついものがあります。例えば大人が演じると、次の日は脚が筋肉痛になります。また面を被ればほとんど見えません。今回、面はずらして演じました。

そして、もっとも厄介なのが、この役をする子供のプライドをチクチクっとする事です。

特に小学生になって、自我が芽生えてくると、この周囲の笑いが“馬鹿にしている”と感じられ、演技を妨げます。

自ら“笑わせてやる”、と言う子は、なかなかいません。

4人子獅子がいる中で、特にメンタルを強くしていかなければならないのが、このねじ棒。

このレベルの演技は、子供がどうのこうのと言うよりも、教える大人の熱意や、周囲のフォローとマナーが大きく影響します。大人も日々勉強ですね。

ほめたり叱ったり、教えることは難しいですね。

111023 K太本人は何を感じながら演じていたのでしょう。大きくなったら聞いてみたいものです。

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »