« 卒園式 | トップページ | 普請その2 »

2010年3月31日 (水)

中尾観光組合の普請

昨年の春から、杉間伐と一連の作業に取り掛かっている。(一年のうち取り組めるのは今の時期だけ。)今年の作業も今週月曜日から始まった。

まず最初に取り組むべきことは、昨年伐採して製材をかけた木のベンチ作り。カンナをかけて塗装し、適当にカットしてスクリューボルトで組むだけのシンプルな作りにしようと思っている。

またこのベンチは、冬のかまくらまつりの行灯としても兼ねる。

厚みがあるので、座る部分の側面に穴を開けて、電球を埋め込む。それにラミネートしたカバーを取り付ければ、行灯兼、フットライト兼、ベンチが出来上がる予定だ。

103301 さて現場へ行ってみると、最近の寒の戻りで雪に覆われてしまった。

103302 除雪してもガチガチに凍り付いてしまっている。これでは電動カンナをかけると刃が欠けてしまう。おまけに降雪とあっては塗装も載らない。また作業現場では杉の影になっていてなかなか日が当たらない。

ある程度の段取りをして、杉間伐作業に取りかかる。

103291 民家があるので細心の注意をして、作業を進める。

103292 樹齢が30年を越すと、とても人間の手には負えないので、重機も出動。

普請二日目もまず雪またじをしてから、間伐作業。まったくもって、邪魔雪だ。

この時の間伐は、大事な目的が含まれていた。それは次号に書くとして。

午後はやっと、ベンチ作りに取りかかれた。

103305

|

« 卒園式 | トップページ | 普請その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。