« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月24日 (土)

散髪

07224k 今日はK太の散髪をした。最近ボサボサに伸びてきていたので、ママがハサミでジョキジョキ切った。初めのうちはムズムズしていたK太も、身動きが取れない事と髪の毛がバラバラと顔にかかってきた事で、ポロポロと大粒の涙を流した。

07224k2 さっぱりしたね、K太。

| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

あー、肩こるー。

先日、保育園入園の為の説明会があり、kottinとママが行って来た。予想通り、kottinだけが、泣き叫んできたようだった。ただ泣き叫ぶだけでなく、ひどい時は狂ったように暴れるから厄介である。(先が思いやられる・・・。)

産まれた時から感受性が高いと言うか、周囲の状況を察知するのが早く、しかもかなりの恐がりである。例えば、おかず一つとっても初めてのものに口をつけることは絶対に無い。従って、危ない所に近づいたり、刺激物を口に入れるといったような事はなく、それだけは良かったのだが・・・。

4月からの保育園は、普通の子供でも泣く季節。自分もスクールバスに無理やり乗せられて、泣いた事を覚えている。kottinが初日から他の子供達と仲良く通えるなんて、あるはずが無い。こうなったら気長にかまえて、保育園にいる滞在時間を少しずつ延ばしていくようにするしかないかなーと、考えたりしている。

弟のK太は、kottinとは性格がまるで反対のようだ。夜泣きもしなけりゃ、人見知りもしない。小さい体のくせに離乳食もよく食べる。手がかからず、かえって大丈夫か?と言いたくなる。嫁さんがよく言う。「二人の性格をたして2で割ってちょーだーい!」

07223k

背中で寝られると、ズシーンと重いぜ、K太君。

| | コメント (0)

2007年2月21日 (水)

散歩

いい天気。穏やかに晴れている。今日はkottinと鍋平までお散歩をしてきた。いつもは“恐いおじちゃんがいるから”と言っては、登り方面へは絶対に歩いて行く事はないのだが、今日はちょっとしたきっかけと言うか偶然があって、行く事ができた。(玄関を出たときに、その恐いおじちゃんが車で通り過ぎたのだった・・・。)足取りが軽い軽い。

まずはかまくらに立ち寄る。07221kama 自分の掘ったかまくらがどっしりと残っていた。(かまくら内部の掘りには自分なりのこだわりがあって、長期間形を崩さないように工夫している。)しかしなんといっても、外側に雪を積み上げてくれた中尾の爺ちゃんたちの労力がものを言っている。爺ちゃんたちは凄いのだ。

07221nabe さて、かまくらを後にして、鍋平公園を目指す。途中鼻水を取りながら一歩一歩進む。歩いていると、kottinの何故何故?が始まった。

「どうして、お日さまついてくるのー?」

色々と説明するが、kottinの頭の上には依然と“?”がついている。

「何でー?」

「・・・お日さまついて来てくれるから、明るくてお散歩ができるんだよ。夜はお日さまいないから散歩ができないでしょう。」

「うん。」

「だからお日さまに“ありがとう”って言おうね。」

「わかった!お日さまありがとうー!!」

(ま、いっか・・・)

鍋平からの帰りはかなり疲れたようで、ほとんどおんぶする事になった。

「今度はおやつを持って散歩に行こうね。」

「うん。今度はー、おやつをもちにー、散歩行こうね!」

(その日本語、ちょっとおかしいぞー・・・。)

| | コメント (0)

2007年2月17日 (土)

今日はとことん

今日はとことん
寝る日だ。風邪で熟睡できなかった反動が来たようだ。病院で処方してもらった薬は、眠くなるはずだったのだが、この三日間は昼寝もしないし、夜中は10分おきにうなされていた。

072171  072172  072173 一足先に回復してきているK太は、2階まで一気に上がる元気ぶり。咳も次第に治まって来ている。

早く良くなってね。

| | コメント (2)

ママ、ハナとって

4日ぶりに睡眠が取れた。今回の風邪は子供達だけに留まったので、それだけは有難かった。07217hana 咳もひどかったが、鼻水も多かった。くしゃみをするたびに“だいちゃん”状態(←昔のアニメ)だった。昨夜寝る前は、徹底的に鼻水を吸い取った。その甲斐あって眠ることができたと言ってもいい。写真は、“ママ、ハナとって”と言う器具。大変有難いアイテムだ。しかし、感染力の強い風邪の場合、すぐうつってしまうのが難点である。

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

RSウィルス

RSウィルス
K太の予防接種の際に、病院でもらって来たようだ。このウィルスに特効薬はないらしい。熱はあまり出ないが、咳がひどい。昨日病院へ行き、薬を処方してもらう。K太がようやく回復し始めたと思ったら、今度はkottinだ。一昨日はK太、昨日はkottinが夜中じゅううなされて、まともに眠れなかった。

以前にも書いたがkottinの医者嫌いは、相当なものである。最初の注射ですっかり覚えてしまってから、白衣を見ただけで泣いてしまう。人一倍怖がりな性格も更に拍車をかける。昨日病院へ行って、聴診器をあてがわれただけで、おお泣きをしてきた。

それにしても・・・、

パパがkottinを抱っこして診てもらい、その次にママがK太抱っこして診てもらった時の事、お医者さんにこんな風に言われたようだ。

「お姉ちゃんは情緒不安定だから、もうちょっとかまってあげてね。」

確かに普段から泣き叫ぶ事の多い娘ではあるが、それって・・・、どう?しかも初診で。

kottinが1歳になるかならない頃、こんな事もあった。(別のお医者さん)

ひどい下痢をしてお尻も痛々しく、診てもらっていた時、

「産まれた時何グラムだった?」

突然の予期せぬ質問に、しどろもどろになるママ。それみなさいと言わんばかりに叱り始める医師。

産まれた時の体重が何か関係あるのか?(2人の医師に言いたい。嫁さんに言うんじゃなくて、俺に言ってみろ!)

普段から子供の事を一生懸命心配しているママ。

「大丈夫ですよ。」って、温かい言葉をかけられないものかな。

ちょっと愚痴っちゃたな。

| | コメント (0)

2007年2月 8日 (木)

2月は、

kottinとパパの誕生月。3歳になってますます我が強くなって行くkottin。大好きなお友達が遊びに来ても、玩具を貸さない。ん~、こまったもんだ。このままの調子で保育園へ行くようになったら、どうなってしまうんだろうか。

0523k_1 1枚目の写真は、1歳の誕生日のkottin。餅を担がされて大べそかき。

0724k_1 2枚目の写真は、今3歳の誕生日の時の様子。アンパンマンクッキーを作ってもらい、ごっきげん。

| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

寝顔は天使なんだけど・・・

どうやら反抗期のようだ。悪子である。こちらが怒りかけると、輪をかけて言う事を聞かなくなる。2歳児(もうすぐ3歳児)の発する言葉に、本気で“ムカッ”とする時があって、ふと我に返ると『2歳児にまんまと乗せられている』ことに気づく。また、言い返してくる言葉も、元々は自分達から発せられた言葉であるので、気を付けねばならない。

叱ってばかりだったから、今度はおだててみよう・・・。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »