« | トップページ | 娘と二人で »

2006年11月27日 (月)

車を運転しているとき何を想う?

この間嫁さんからこんな質問を投げかけられた。テレビでアンケートしていたらしい。それによると男性の半数以上が同一の事を考えているらしい。何をって?いわずもがな。 ― 本当なのか? ― 長距離を運転していると、頭の中が妙に冴え渡り、気持ちが少しハイになることがある。夜中から早朝にかけての快適ドライブの時などがその時だ。今年の春位から心の片隅にあったもので、今日はその時に考えていた事を書こうと思う。

今年の大河ドラマは、久しぶりに面白い。

まずは原作の面白さに尽きる。それにうまい事役者が呼応した。歴史上の人物の絵や、小説からくるイメージと見事に一致したドラマは、近年記憶にない。一昨年の新撰組は脚本の面白さとフレッシュな役者が奮起し、主題歌がドラマ性を一層高めて、一年後にはその後の土方の行く末を放映すると言う人気ぶりであったが、肝心の勇役に迫力が欠けていた。実物の写真に完全に負けてしまっている感があって、残念である。司馬遼太郎の短編に近藤勇の生い立ちの物語を書いたものがあるが、それを読むと、なるほど。物語のイメージと、写真からくるイメージがピタリと一致する。作者は歴史上の人物の顔からも、深くその性格や生い立ちを読み取っていて、その物語は、あたかもその場にいたかのような錯覚を読者にさせてしまうようだ。そして今回の大河である。

いい役者が揃った。徳川家康に西田敏行。彼以外考えられない。不動の位置にある。そして、豊臣秀吉に柄本明。以外や以外、秀吉の天下を取っていく人柄を見事に表現して見せてくれた。そして何よりもサプライズなのが、織田信長役の舘ひろし。彼が信長役をやると知ったときは、いったいどうなることやら、セクシーな信長が出てくるのか?と、余計な心配をしてしまった。ところが蓋を開けてびっくりである。これまで織田信長を演じて、良かったなと思える役者は1人か2人くらいだったが、ついに肩を並べた。(ちなみにその役者は、渡哲也と役所)

 ― 昔(自分が子供の頃だったので定かではないが)、信長役を演じると、その役者は出世すると言われていたことがあった。しかし、その定説は違う。信長役を演じるには、かなりの演技力が必要とされる。現代にしてみれば、相当な経験をつんできた役者か、かなりの演技力を持った役者でなければ、信長を演じる事は出来ない(それほど凄い人物だったと言う事)。すなわち、相当な力を持った役者しか、信長を演じる事はできないのだ。 

― 話を元に戻そう。今回のこの信長(時々舞台で観客に向かってひとり言を言うような、過剰な演出はちょっと余計だったが)、刀身むき出しの迫力は、当時の侍の怖さを見せつけてくれたようだった。

次回へつづく・・・

|

« | トップページ | 娘と二人で »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。